潤いのカギを握るセラミド

健康的な肌は潤ってハリがありますよね。
いったい乾燥した肌と何が違うのでしょうか。

 

その違いは「肌内部の水分量」です。

 

そして、それを左右するのが保湿成分の「セラミド」なのです。

 

健康的な肌は、肌みずからがセラミドを生産し、肌内部に約30%の水分をキープしています。

 

しかし、乾燥肌はセラミドを作る力や働きが弱まっているため、本来の機能を十分に果たせません。
肌の水分量は30%以下になり、潤いやハリを保てなくなるのでしわが目立ってきます。

 

さらに敏感肌では10%まで低下し、肌荒れや赤み、かゆみなどがあらわれます。

 

このようにセラミドは、肌の水分量を決める成分なのです。
それは、肌内部に水分をはさみ込み、一度つかむと離さない性質を持っていて水分が蒸発するのを防いでいるから。

 

その保湿力の高さはあのヒアルロン酸も及びません。
肌にある保湿成分の中で最強なのがセラミドなのです。

 

また、バリア機能もになっており、私たちの肌をさまざまな刺激から守っています。

 

ただ、年齢とともにその量は減少していくため、補給してあげる必要があります。
セラミドは肌のいちばん上の角層にあるので(浸透できる範囲)化粧品で直接補うのがいちばん効果的です。

 

乾燥知らずの潤い肌を目指すなら!?

 

最近、セラミドが配合された化粧品が増えていますが、どんなセラミドでも効果が高いというわけではありません。
選ぶなら人の肌に近い「ヒト型セラミド」がベストです。
その性質から保湿力が最も優れています。

 

その「ヒト型セラミド」を高配合しているのが、小林製薬の『ヒフミド』です。
人の肌にあるセラミドと同じタイプで特に馴染みやすいことから、合成や疑似のものと比べると3倍の保湿力を持っています。

 

肌の水分量をしっかり増やし、乾いた肌を潤いのあるみずみずしい肌へと導いてくれます。
また、乾燥が原因で起こるさまざまな肌の悩みも解決してくれますよ。

 

⇒ ヒフミドの詳細はこちら