セラミドって?

セラミドは、表皮のいちばん上にあるわずか0.02mmの角質層に存在しており、肌の健康を保つ大切な役割りを担う保湿成分です。

 

このような保湿成分は細胞間脂質と呼ばれ、セラミドが約50%占めています。
脂質は本来、水とは結合しない特徴がありますが、セラミドは他とは異なって水と混じり合います。

 

そのため、肌の細胞同士をつなぎとめて、水分をサンドイッチ状にはさみ込み保持する性質を持ち、外的刺激から肌を守るとともに、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ働きをします。
これが「バリア機能」です。

 

セラミドのすごいバリア機能

 

水分をため込んで肌の潤いを保つ
ほこりや花粉、雑菌などが侵入するのを防ぐ
紫外線から肌を守る

 

その他、肌の深部にあるヒアルロン酸やコラーゲンの働きもサポートします。

 

このようにセラミドは、健康的な肌を作る基本的な役割りから他の保湿成分のサポートまで担っています。
その働きから、私たちの肌に存在する保湿成分の中で、最も重要と言っても過言ではありません。

 

しかし、セラミドは肌自信が作り出しているものなのですが、残念なことに、年齢を重ねるごとにその働きが低下し減少していきます。

50代になると20代の約半分の量まで失われます。

 

不足すると乾燥肌になり、乾燥が進むとシワやたるみなどさまざまなトラブルを引き起こし、肌が老化していきます。
さらに、細胞同士が離れてしまい、その隙間から刺激物質が入り込んで肌が敏感な状態になります。
肌がかゆくなったり、ヒリヒリするの原因はこういうことなのです。

 

 

このように私たちの肌にはなくてはならなセラミドですが、実は、化粧品で十分補うことができます。
肌のいちばん外側の角質層に存在することから、化粧品で浸透します。
潤い不足の肌にセラミド配合の化粧品をつけると、すぐに挟み込んで維持してくれます。

 

乾燥肌、年齢的な乾燥、シワやたるみなどが気になるという悩みには、まずはセラミドを取り入れて肌の保湿力を高めることが大切です。

 

セラミドの保湿力についてはこちら